【DRY】 25時
Buck-Tick/Labrador Retriever/Wine/Photo/Etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

25時

25時 [DVD]

監督はスパイク・リー

作品の空気は全体を通してグレーで重たい

ヤクの密売で捕まり、刑務所で7年間を過ごす前の自由な25時間を描いている。

吹き替えの声の人もおなじみの人なので、字幕と吹き替えの2通り楽しめる。

ラストシーンはどちらと解釈すればいいのだろうか。

父親に車でそのまま見知らぬ土地まで行ってもらい

まったく別人としての人生を送ったのか

それとも、それは送ってもらっている間に見た夢の中の話なのか

知っている人がいたら、ぜひとも教えてもらいたい



主演のエドワード・ノートンは好きな俳優の一人で

映画「ファイトクラブ」以来のファン。

以前に部屋の写真をここに載せたことがあるが

その時に壁にかかっていたのは、ファイトクラブののポスター。

今も変わらず壁にかけてある

TS3I0139.jpg
左の額に入っているのがファイトクラブのワンシーン。
左にブラッドピット、右にエドワード・ノートン。
酒場の前で殴りあうシーン。

テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

  1. 2011/07/13(水) 11:55:26|
  2. Movie
  3. | コメント:2
<<”付き合い”という文化 | ホーム | 革命のエチュード>>

コメント

さえこさんへ

25時はちょっとダークな話ですが

エドワードノートンの深みのある演技がいいです

内容の良し悪しは別として
  1. 2011/07/14(木) 23:45:53 |
  2. URL |
  3. tomo #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

私もエドワード・ノートンは好きな俳優さんの一人です。
スコアでの演技にもぞくっとしました。

こちらの映画、観てみたくなりました。
彼はそういう影のある雰囲気が似合う俳優さんですね。
  1. 2011/07/14(木) 15:55:11 |
  2. URL |
  3. さえこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。