【DRY】 【永遠を生きる】
Buck-Tick/Labrador Retriever/Wine/Photo/Etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【永遠を生きる】

夜明け前、彼女は

あの青年を仲間にして

墓地に戻ってきた。

血の効力が

弱くなってきているせいで

彼女の肌は、また死人のように

紫がかってきていて、呼吸も荒い。

「どうしたいんだ?」

「私は・・・

このまま・・・生き続けるわ」

そう言いながら

彼女は手に持っていた銀の

小さな十字架を

胸に突き刺した

突き刺さった十字架の先から

こちらに向かって青白い光が

さし、彼女の瞳が琥珀色に変化し

再び蘇った。

昔、存在していたと言われる

究極のヴァンパイアに彼女は

変身した。

すると隣にいた青年は

みるみるうちにカラスに変化し

彼女の肩の上に乗った。

「これで私も仲間よ!」

彼女は特殊な能力を使って

首を絞めてきた

ヴァンパイア同士の闘いは無意味だ

切り刻んでも元に戻る

燃やして灰になるまでは・・・






つづく・・・



テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/10/26(火) 12:14:36|
  2. Vampire story
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BIRTHDAY SUIT | ホーム | recipe book>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rn291295.blog66.fc2.com/tb.php/518-61e84d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。