【DRY】 過去からの手紙 過去編3
Buck-Tick/Labrador Retriever/Wine/Photo/Etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

過去からの手紙 過去編3

トゥープーピポパピピ・・・

プツという音がして切り替わり

機械的なアナウンスに変わった。

「デンゴンダイヤルデス。

アンショウバンゴウヲドウゾ」

「あっ?何だよ、これ。暗証番号・・・・?」

と、考えている間に切れてしまった。

トゥートゥートゥーと無機質な電子音だけが

耳の奥に ただ響いていた。

受話器をおこうとして、ボタンのほうに

目を向けると、3列に並んだボタンとボタンの間に

尖った何かで書かれた

傷のように見える数字が

4ケタ並んでいるのを見つけた。

これかもしれない、とっさにそう思った。

そしてまた、番号にかけ直した。



つづく・・・




テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/10/03(日) 20:21:51|
  2. short story
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PARTY PEOPLE | ホーム | 居場所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rn291295.blog66.fc2.com/tb.php/462-bd65cbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。