【DRY】 家族という存在
Buck-Tick/Labrador Retriever/Wine/Photo/Etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家族という存在

もう随分前にブログに書いたことのある先輩に

久しぶりに駅前のバーで会って話した。

以前の記事を参照する方はこちらをクリック

先輩は当時付き合っていた彼女と結婚して

都内のマンションで

二人仲良く幸せに暮らしているそう。

悲しい事に彼女の目はもうほとんど

見えなくなってしまっているそう。

でも、ご家族が助けてくれていて

問題なく生活は出来ていると先輩は笑顔で語った。

そんな先輩のご家族はすごく素晴らしいと思う反面

自分の家族とは真逆な為

いまいち心情を理解出来ない自分がいる。

よく家族の為ならなんでもするという

自己犠牲的な言葉を口にする人がいるが

えてしてそれは

強い自己愛

(他者の為に犠牲となっている自分を愛している)

なんではないかと思う。

私にとって家族とは

「命をかける程の存在じゃない」と思っている。

私がこんな風に思ってしまうのも

「人は人、他人は他人。人間生きる時も死ぬときも独り」

という言葉を、コトあるごとに

口にしていた母の影響なのかもしれない。

母の愛が足りなかったのか、慈悲が足りないのか

かと言って、イヴに関して言うと

「家族とは別」という気持ちがあり

そこには自己犠牲が存在するかもしれない。

「何かがあって、命懸けで救えるなら

自らの命を捧げてしまうかもしれない」

先輩と話していて、家族というものを深く考えた夜だった。

今後も眼科医として頑張ってほしい。

この曲懐かしい

先輩の好きな曲









テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/06/13(木) 22:33:53|
  2. Daily life
  3. | コメント:2
<<A Little Bit Of HEAVEN 私だけのハッピーエンディング | ホーム | 人生はビギナーズ>>

コメント

杏奈さん、こんばんは

私もあの日がもう2年も前なんて、時の流れは早いと
恐ろしい程実感しています。

杏奈さんにとっての自己犠牲とは、家族への愛でしょうか

素敵なご家族がいらっしゃって、羨ましい限りです
  1. 2013/06/26(水) 22:24:44 |
  2. URL |
  3. tomo #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは、tomoさん

この記事覚えているわ。。。私、コメントしているわね
もう2年以上も前だったことにも驚いている私よ
ご結婚されたのね~家族の理解と支えと。。。素晴らしいわ
家族のために。。。その時にならないとね。。。
ただ自分の命と娘の命と両天秤にかけたら。。。
娘のこれからの行く末を思う時、自分の命はもういらないと思うでしょうね~
自己愛。。。私もかなり強いわよ 笑
Céline Dion - The Power Of Love ~久しぶりに聴いたわ。。。いい曲ね
  1. 2013/06/22(土) 15:37:15 |
  2. URL |
  3. 杏奈 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。