【DRY】 ルーヴル美術館 パリ3日目
Buck-Tick/Labrador Retriever/Wine/Photo/Etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルーヴル美術館 パリ3日目

パリへ行った日から、もう3か月経ってた

時の流れは早い 早すぎる

あっという間にアラフォーか...

話を戻して・・・

モンサンミシェルの翌日にAさんと向かったのは

世界的に有名なルーヴル美術館

やはり有名な観光地だけあって、入場待ちで30分以上かかった

全部を見ることはさすがに1日では無理だと判断した為

見たいものだけ抜粋して、あとは飛ばして約3時間でまわった。


DSCF0256.jpg


DSCF0285.jpg

一番見たかったドラクロアの「民衆を導く自由の女神」

やっぱり実物は迫力が違う

この絵画をずっと観てました、10分位かな

作者自身が絵画の中にいるんだって

あれだね、きっと



DSCF0271.jpg

豪華な天井

言葉が出ませんでした




DSCF0267.jpg
「ミロのヴィーナス」


DSCF0277.jpg
「サモトラケのニケ」


どれもこれも、なんだか夜になって美術館が閉まったら

動き出しそうな程

物凄くエネルギーを感じた

あの感じは今でも不思議




つづく...


テーマ:フランス旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/09/28(金) 14:44:18|
  2. Travel
  3. | コメント:2
<<NHK ファミリーヒストリー 「永瀬正敏~ラストサムライのDNA~」 テレビ番組の感想 | ホーム | BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE 9/22>>

コメント

杏奈さん、こんばんは

ルーヴル美術館は予想以上の大規模なところで
最低でもすべて見るのには3日間はかかると
ガイドの方がおっしゃってました

作品には作者の魂が宿っているでしょうね

映画「ナイトミュージアム」のように
本当に動いていたら面白いですね
  1. 2012/10/04(木) 00:41:24 |
  2. URL |
  3. tomo #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは、tomoさん

ルーブル美術館~いいわね~
両親も1日でなんてとても見れないと言っていたことを思い出したわ

美術品って。。。作品に作者の魂というのか息吹というのか。。。時代を超えて伝わってくるものがあるのよね
もしかしたら。。。夜本当に動いてたりして?

  1. 2012/09/30(日) 14:48:07 |
  2. URL |
  3. 杏奈 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。